気になるお酒やおつまみ、お店のことを書いてます。
 

楽天市場でしか買えない限定酒をチェック!


チュピルカ
0
    JUGEMテーマ:ワイン


    あるキッカケで、南米チリの人(男性)と飲む機会がありました。
    (日本に長くいらっしゃるので、日本語はペラペラ)


    チリでは「赤ワイン」が余ると、「焼いた大麦の粉(はったい粉)」と「砂糖」を入れたグラスに注いで、よくかき混ぜ、沈殿しないうちに飲み干すのが人気というか、メジャーな飲み方らしいです。


    「はったい粉」っていうのは、味も素っ気もないので、今では殆ど食べられなくなりましたが、ヘタな整腸剤を飲むより効き目があり、プロテインと同様の効果があるし、血液を浄化する成分も含まれてます。


    教えてもらった飲み物、「チュピルカ」って言うそうですが、二日酔いやダイエット、体力増進に効果があるということで、カフェの定番メニューにもあるそう・・・・


    ちょっと変わったワインの楽しみ方です♪
    【2015.09.07 Monday 19:10】 author : v7osake
    | ワイン | comments(0) | - |
    ボジョレー・ヌーヴォー
    0
      JUGEMテーマ:ワイン


      日本でもすっかり秋の風物詩となったボジョレー・ヌーヴォー


      「ヌーヴォー」とは、「新酒」という意味で、一番有名なのはフランスのブルゴーニュ地方南部にあるボジョレー地区でつくられるボジョレー・ヌーヴォーですが、ボジョレー以外にもヌーヴォーはあります。


      イタリアのヌーヴォーは、「ヴィーノ・ノヴェッロ」といい、フランスよりも2週間ほど早く、毎年11月6日が解禁です。ボジョレーのように限られた生産地ではなくて、イタリア全土でつくられます。


      また、日本でも、山梨県でつくられる「甲州種」と「マスカットベリーA種」を使った新酒には、毎年11月3日の解禁日を設けています。


      さて、ヌーヴォーは、「その年にできたワイン」ということで、フレッシュな味わいが魅力ですから、少し冷やした方がスッキリと堪能できます。
      普通のワインなら、冷やしすぎるとタンニンの渋味が強くなりますが、ヌーヴォーは渋味が少ないので、その心配はありません。


      今年のヌーヴォーも、グラスやシチュエーションにこだわらず、ワイワイと楽しみましょう!









       
      【2015.09.04 Friday 18:11】 author : v7osake
      | ワイン | comments(0) | - |
      白ワインを冷やす目安
      0
        JUGEMテーマ:ワイン


        和食にも合う白ワインは、ある程度冷やして飲むのが「常識」。
        でも、白ワインって、どれくらいまで冷やせば良いのか?


        樽熟のふくよかなボディの白ワインなら、10〜14℃くらいで冷やしすぎない方が美味しく感じます。
        一方、甘口の白ワインや貴腐ワイン、スパークリングワインは、6〜8℃まで冷やした方が甘味が適度に抑えられて、味わいが引き締まります。
        (溶けたアイスクリームがものすごく甘く感じるのと同じです)


        また、ワインを冷やす時間の目安ですが、「室温」から「希望するワインの温度」を引いた数字分だけ冷やすといいです。
        (室温が25℃で、希望温度が10℃なら、15分間冷やせばOKです)

         
        【2015.09.01 Tuesday 11:26】 author : v7osake
        | ワイン | comments(0) | - |
        赤スパークリングワイン
        0


          「スパークリングワイン」の総称のように呼ばれる
          シャンパーニュ


          実は、フランス北東部シャンパーニュ地方の限られた地域で、
          シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエのみの品種を使い、
          瓶内二次発酵製法(シャンパーニュ製法)という製法で造られた
          スパークリングワインだけが、「シャンパーニュ
          と名乗ることが出来ます。


          一方、フランス国内でのシャンパーニュ地方以外の産地で、
          シャンパーニュと同じ製法で造るスパークリングワインを
          クレマン」といいます。


          また、ワインの産地国のひとつ、スペインでは、
          スパークリングワイン全般を「エスプモーソ」といいますが、
          その中でも、北東部にある地中海沿岸のカタルーニャ地方の
          ぶどうで主に造られているスパークリングワインを
          カバ」といいます。
          シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵製法で、
          品質とコストパフォーマンスの高さで、世界的に人気があります。


          さらに、イタリアではスパークリングワイン全般のことを
          スプマンテ」といい、スプマンテの中でも瓶内二次発酵で
          造られるものを「メトド・クラシコ」、
          微発泡ワインを「フリッザンテ」と呼びます。


          そして、スパークリングワインといえば、
          白かロゼのイメージですが、
          赤ワインのものもあります。

          やや甘味があって、豊かな果実味と飲みごたえが特徴です。




           
          【2015.08.30 Sunday 15:42】 author : v7osake
          | ワイン | comments(0) | - |
          ボトルワインの注文の仕方
          0
            JUGEMテーマ:ワイン


            レストランで、グラスワインでなく、ボトルでワインを頼むとき
            その注文の仕方って、迷いませんか?




            ベストな方法は、同席者の好みを聞いて、
            「重めの赤」とか「比較的軽めでスッキリした白」など
            ざっくりしたオーダーをソムリエさんに伝えることです。



            コース料理だとソムリエさんに全てお任せすれば、
            各皿にあわせて、グラスで色々な種類を飲めるのも楽しいし、
            食事とのマッチングの多様性も広がり、ワクワクしますよ!



            そうそう、ワクワクすると言えば、
            日本未入荷の’99ヴィンテージが上陸しました!




            フランスの大銘醸地ボルドーの醸造家たちも続々と進出している
            高品質赤のスペインの筆頭産地「リベラ・デル・ドゥエロ」の
            高品質ワインのリーダー的存在で、
            スペイン王室も御用達のクオリティーです。
             



             
            【2015.05.31 Sunday 14:20】 author : v7osake
            | ワイン | comments(0) | - |
            オススメ!極甘口の貴腐ワイン!
            0
              JUGEMテーマ:ワイン

              昔、貴腐ワインは、「腐」って字が入っていたので、
              感覚的にイヤだなぁ、と避けていました。


              でも、ある人に勧められて飲んでからは、
              貴腐ワインは、まさに女性向きのワインだ!
              と、機会があれば、ワインを飲む女性には勧めています。


              貴腐ワインって、
              ぶどうの果皮を侵食する一種のカビが繁殖し、
              ぶどうから水分が失われて果汁が濃縮し、
              非常に糖度が高くなることから生まれるワインです。


              この果汁から造られる極甘口のワインこそ貴腐ワインです。


              ボルドー貴腐の銘醸3アペラシオンを
              贅沢に飲み比べできるセット

              こちらのサイトにあります!


              クリックしてもらって、
              「貴腐ワインアペラシオン」で検索してみて下さい!!



               


               
              【2015.05.09 Saturday 14:23】 author : v7osake
              | ワイン | comments(0) | - |
              メドックの赤ワインを是非!
              0
                JUGEMテーマ:ワイン

                あのメドック地区の赤ワインが安価で入手できる
                商品情報です!!


                「メドック地区」というのは、
                フランスワインの代表的な銘醸地ボルドーの中でも、
                特に高級ワインを多く生産する地区のことです。


                メドック地区は、大西洋の影響を受ける温暖な海洋性気候で、
                日照時間が長く比較的乾燥しています。


                ここの土壌は、ジロンド河が運んできた小石混じりの石灰質の痩せた土地ですが、
                この石灰質土壌は、ワインに香りとまろやかさ、ふくらみを与え、
                小石は、排水性の高さをもたらし、
                さらに、日中の太陽の熱を吸収して、夜にその熱を放出することで
                ブドウを寒さから守っています。


                このような気候と土壌の素晴らしい組み合わせにより
                メドック地区では、最高級の赤ワインを生産しています。


                世界の最高峰であるボルドー5大シャトーのうち、
                4シャトーをはじめ、格付け61シャトーはすべて
                「メドック地区」にあります。


                フランス各地のメダル受賞ワインと併せて、
                この「メドック地区」の赤ワインが手に入ります!


                送料無料という事ですし、数にも限定があるようなので、
                スルーするには、もったいないセット商品です。

                 
                 


                 
                【2015.04.19 Sunday 15:13】 author : v7osake
                | ワイン | comments(0) | - |
                青空の下で&自宅でワインを楽しみましょう♪
                0
                  JUGEMテーマ:ワイン


                  6月5日(金)〜6月7日(日)に、江東区立豊洲公園で
                  【日本ワインMATSURI祭】が開催されるそうです。


                  入場は無料で、開催時間は5日が15時〜21時、
                  6日が11時〜21時、7日が11時〜20時とのことです。


                  日本ワインが大好き!という人のほか、
                  日本ワインを飲み比べたことはない人や、
                  まだ「日本ワイン」を飲んだ事が無いような人に、
                  日本ワインを楽しんでもらうという趣旨のイベントです。


                  日本全国のワイナリーが集結し、
                  1杯300円から提供されるそうです。


                  青空の下で、日本ワインを楽しむ良い機会ですね!




                  このワインのニュースと絡めて、
                  以前に、フランス人のソムリエから教えてもらった
                  【和食に合うワイン】を紹介します。


                  和食と言っても、高級なものでなく、家の食卓に上がる機会
                  も多い「豚しゃぶ」と「鶏の唐揚げ」に合うワインです。


                  まず、「豚しゃぶ」に合うワインですが、
                  赤ワインの「コート・デュ・ローヌ」です。


                  フランス南部のローヌ川沿岸で生産されるワインで、
                  風味豊かなブドウ数種によるスパイシーな香りが、
                  豚の臭みを和らげるとともに、豚の脂分とも調和します。

                   



                  また、「鶏の唐揚げ」に合うワインですが、
                  油に負けない赤ワインの「カベルネ・ソービニヨン」が
                  相性が良いです。


                  これは、渋みが強くて濃厚な味わいのワインで、
                  世界各地で生産されていますが、
                  南米やオーストラリア産のものがオススメです。


                  ちなみに、このワインは強い酸味に合わせるのが難しいので
                  唐揚げにはレモンを添えない方がいいです。
                   

                  フランス人ソムリエの”好み”によるご紹介でしたが、
                  自宅でワインを楽しむ際、参考になれば、うれしいです♪


                     

                  【2015.04.14 Tuesday 10:53】 author : v7osake
                  | ワイン | comments(0) | - |
                  マイナスからでも・・・・
                  0
                    JUGEMテーマ:ワイン


                    いつも何気なく飲んでいるワインですが、
                    どうせ飲むなら、より美味しいワインが飲みたいなぁ〜
                    ワインの美味しさは、やっぱり産地が大きな要因だろう、
                    と、思って、少し調べてみました。



                    ワインの産地と言えば、今ではイタリアやスペインのほか、
                    チリやカリフォルニア、オーストラリア、そして日本と、
                    世界各地にいろいろとあるのですが、
                    やっぱり、ワイン大国の「フランス」です。



                    世界でつくられている、カベルネ・ソーヴィニョンや
                    シャルドネは、フランスが原産ですもんね。



                    ただ、フランスの気候って、
                    ワイン造りには適してないらしいです。



                    南フランスの一部を除いて、
                    ブドウを栽培するのに環境が厳しいらしいです。



                    ブドウの生育温度は、10℃から20℃が適しており、
                    また、日中と夜間の温度差、十分な日照も必要なことから
                    相性的には、カリフォルニアやオーストラリアの風土が、
                    ブドウ栽培には良いらしいです。



                    それじゃ、何故フランスのワインが高品質だと
                    もてはやされるようになったんでしょう。



                    それは、厳しい環境だったからこそ、
                    品種改良や栽培方法を工夫し続けたから、らしいです。



                    ワインは、宗教的祭儀のときに、
                    「キリストの血(=神聖な飲み物)」として用いられて、
                    また、貴族がそのステイタスを誇示するために、
                    さらに、伝染病が蔓延したときの衛生的な生活飲料として
                    普及したといわれてます。



                    そんな背景があるから、環境のせいにせずに工夫し続け、
                    ゼロからでなく、「マイナスから羽ばたいた」
                    フランスのワイン文化には、学ぶことは多いでしょうね。



                    ますますワインの奥深さに興味が引かれます。


                     
                    【2015.04.05 Sunday 16:14】 author : v7osake
                    | ワイン | comments(0) | - |
                    SEO対策テンプレート