気になるお酒やおつまみ、お店のことを書いてます。
 

楽天市場でしか買えない限定酒をチェック!


白ワインを冷やす目安
0
    JUGEMテーマ:ワイン


    和食にも合う白ワインは、ある程度冷やして飲むのが「常識」。
    でも、白ワインって、どれくらいまで冷やせば良いのか?


    樽熟のふくよかなボディの白ワインなら、10〜14℃くらいで冷やしすぎない方が美味しく感じます。
    一方、甘口の白ワインや貴腐ワイン、スパークリングワインは、6〜8℃まで冷やした方が甘味が適度に抑えられて、味わいが引き締まります。
    (溶けたアイスクリームがものすごく甘く感じるのと同じです)


    また、ワインを冷やす時間の目安ですが、「室温」から「希望するワインの温度」を引いた数字分だけ冷やすといいです。
    (室温が25℃で、希望温度が10℃なら、15分間冷やせばOKです)

     
    【2015.09.01 Tuesday 11:26】 author : v7osake
    | ワイン | comments(0) | - |
    赤スパークリングワイン
    0


      「スパークリングワイン」の総称のように呼ばれる
      シャンパーニュ


      実は、フランス北東部シャンパーニュ地方の限られた地域で、
      シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエのみの品種を使い、
      瓶内二次発酵製法(シャンパーニュ製法)という製法で造られた
      スパークリングワインだけが、「シャンパーニュ
      と名乗ることが出来ます。


      一方、フランス国内でのシャンパーニュ地方以外の産地で、
      シャンパーニュと同じ製法で造るスパークリングワインを
      クレマン」といいます。


      また、ワインの産地国のひとつ、スペインでは、
      スパークリングワイン全般を「エスプモーソ」といいますが、
      その中でも、北東部にある地中海沿岸のカタルーニャ地方の
      ぶどうで主に造られているスパークリングワインを
      カバ」といいます。
      シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵製法で、
      品質とコストパフォーマンスの高さで、世界的に人気があります。


      さらに、イタリアではスパークリングワイン全般のことを
      スプマンテ」といい、スプマンテの中でも瓶内二次発酵で
      造られるものを「メトド・クラシコ」、
      微発泡ワインを「フリッザンテ」と呼びます。


      そして、スパークリングワインといえば、
      白かロゼのイメージですが、
      赤ワインのものもあります。

      やや甘味があって、豊かな果実味と飲みごたえが特徴です。




       
      【2015.08.30 Sunday 15:42】 author : v7osake
      | ワイン | comments(0) | - |
      古酒
      0
        JUGEMテーマ:日本酒


        「お酒が古くなると酢になる」
        なんて俗説がありますが、これは間違いです。


        オーク樽でウイスキーを熟成させるのと同じように、
        日本酒にも3年以上熟成させたお酒(古酒)があり、
        今、密かなブームになっています。


        普通の日本酒は、出来てから出荷まで1年以内ですが、
        古酒は3年から長くて40年、熟成させるので、
        琥珀色に変化し、熟成香が強くなります。


        なので、普通の日本酒に合う料理は「お刺身」でしょうが、
        古酒は「ステーキ」に合うお酒といえます。


        大事な人の何かの記念の年に「醸造した古酒」を贈って、
        楽しんでもらうなんていかがですか☆






         
        【2015.08.28 Friday 15:10】 author : v7osake
        | 日本酒 | comments(0) | - |
        SEO対策テンプレート